起業格付け―パート機丙債衒法)想定財務諸表

2005年08月30日

企業格付け―パート供癖類)

ブログランキングへ クリックをお願いします。

前回の続きです。
企業格付け―パートより。

   定量分析を終え、二次評価として定性分析を行った後、三次評価として潜在能力や他行の支援状況等を評価します。  三次評価も含め定性分析と私は思っています。

   そして、いよいよ格付け区分への分類を行います。 
  格付けは
      正常先
      要注意先
      破綻懸念先
      実質破綻・破綻先
             
この様に 4つの区分へ分類されるのです。
   それぞれの一般的な定義はこうです。
   正常先・・・業況と財務内容ともの問題ないと認めれれる先。
   要注意先・・・財務内容に見劣りがあったり、金利の減免等の貸し出し条件に問題があると認めれれる先。
   破綻懸念先・・・経営破綻に陥る可能性が大きい先。
   実質破綻・破綻先・・・実質経営破綻と認められる先か破綻先。

   尚、これらの区分は銀行によっても違います。  A銀行は正常先としているのに、B銀行は要注意先とされている、なんてこともあります。  これ本当です。
   一般的に、お硬い銀行といわれているところの評価は厳しいです。 
   私は『正常先に認定されている企業のほうが少ないかもよ』、なんて言っていた銀行マンも知っています。
   また、同じ区分の中でも細分化され、更に格付けが行われています。  正常先でも超優良企業もあれば、限りなく要注意先に近い企業もあるのです。

   これら格付けの違いは、金利となって跳ね返ってきます。  格付けの低い企業は金利も高くなります。  銀行側から見れば、リスクが高くなるから当然です。  また、要注意先の場合、銀行が引当金を計上しないといけなくなるので、そのコストが掛かってくる訳です。 
  
   新規取引を申し込もうと思っても、要注意先だと難しいでしょう!!   銀行も引当金を積んでまでも取引したいと思わないからです。

   逆に考えると、格付けが高くなれば、銀行がドンドン資金を融資したがる良いお客様ということです。   

   相手を理解しなければ、商品は売れません。  顧客のニーズとウォンツを満たすと営業しなくても商品が売れていきます。  財務も同じです。 
   相手を知り、自社をそのニーズに適合させれば、金利も下がり、調達も楽になります。


                    ブログランキングへ クリックをお願いします。

 

   北九州で異業種交流会きっとかなう会』を立ち上げようとしています。 
   なんでも構いませんので、役立つ情報がありましたらご連絡をお願いします。  質問も受付ます!!


zaimupro at 08:12│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
起業格付け―パート機丙債衒法)想定財務諸表