交際費売掛債権流動化

2005年07月17日

両端と片端 利息の計算方法

 
   利息の計算方法で、『両端計算』と『片端計算』の2種類があるのをご存知でしょうか。  その違いは、1日分の利息の違いなのです。
 
 
   ◎両端計算とは・・・借入日から期日までの日数で計算する方法。
      例:借入日7月1日〜期日7月31日      計算日数は31日  
 
   ◎片端計算とは・・・借入日の翌日から期日までの日数で計算する方法。
      例:借入日7月1日〜期日7月31日      計算日数は30日
 
 
 
   借入を行った場合、初回は両端計算です。  しかし、1年以内の短期借入を行った場合で期日に返済をせず、期日延長することがあります。  その時の利息計算は、通常片端計算です
 
 
   あなたの会社では両端計算されてないですか。 
銀行によって延長時の利息計算は違うので、十分確認したほうが良いでしょう。 
 
 
   多くの銀行が、片端計算を行っています。  両端計算する金融機関は、あまりまっとうな金融機関ではありません。  延長時に両端計算する銀行もありますが、折衝することによって片端にしてることもあります。  当座借越の場合はほぼ大丈夫ですが、手形借入は折衝力と信用力によるでしょう。   
 
   たった一日の利息ですが、何度も延長を繰り返すことにより、コストは増えてくることをお忘れなく!!
 
 
   因みに利息計算は
 
      『元金 × 金利 × 日数(両端or片端) ÷ 365日』 です。
          365日は、ユーロ市場での調達の場合360日になります。
 
 
 
              ブログランキングへ クリックのご協力をお願いします。
 
                                                ちょっと一息『惰眠グラブ』へ
 

   北九州で異業種交流会を立ち上げようとしています。 
なんでも構いませんので、役立つ情報がありましたらご連絡をお願いします。  質問も受付ます!!
 


zaimupro at 00:45│Comments(0)TrackBack(0) 財務・経理の話 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
交際費売掛債権流動化