加重平均資本コスト(WACC)企業格付け―パート供癖類)

2005年08月27日

起業格付け―パート機丙債衒法)

   今日は金融機関が企業をどの様に見ているか、そして、どの様に選別しているかを伝えます。
 
   金融機関の企業格付けと言うものです
   金融機関は企業格付けの分析として、定量分析と定性分析を行います。
定量分析とは、決算書の数字をダイレクトに判断するものです。  とはいっても含み益や含み損、また粉飾などを全て表面化します。  つまり、裸にしてしまうのです。  その後、利益率や回転率などの科学的手法を用いて判断するのです。

定性分析とは、定量分析で表せない企業の価値を分析します。  はっきり言って、金融機関の担当者によって、かなりばらつきがあります。
   経営者の跡継ぎはいるか?
     会社の雰囲気や財務担当者の対応は良いか?
     経営者にビジョンがあるか?
などの項目があり、採点方式がとられているようです。

   企業格付けにおける、定量分析と定性分析の比率は金融機関によってばらつきがあります。 
   大企業に対しては、圧倒的に定量分析に重点がおかれます。  しかし、中小企業に対しては、定量6:定性4  という配分が多いようです(地銀の場合)。  しかし、都銀の場合は定量7:定性3と、地銀より厳しく中小企業を査定しています。
 
   以上を踏まえた上で、続きはパート兇農睫世靴泙后
 

                     ブログランキングへ クリックをお願いします。

 

   北九州で異業種交流会きっとかなう会』を立ち上げようとしています。 
   なんでも構いませんので、役立つ情報がありましたらご連絡をお願いします。  質問も受付ます!!


zaimupro at 00:08│Comments(0)TrackBack(0) 財務・経理の話 | 財務・経理の話

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
加重平均資本コスト(WACC)企業格付け―パート供癖類)